整体師資格ガイド

整体師の資格? - 国家資格、民間資格の違い

手技療法の国家資格は、鍼灸師・柔整士・あん摩指圧師の3つです。 国家試験を受けるための認定校を受験して、3年間通学します。昼間部、夜間部があり、進級テストもあります。費用は平均300〜500万になります。これらを取得することで、<整骨院・接骨院・鍼灸院・マッサージ院>の看板が出せます。

整体師は特に資格は必要ありません。整体師を養成するスクールではノウハウを通してカリキュラムを学んだ人に対して、民間資格として資格認定するケースがありますが、整体師資格は、国家資格に対して民間資格となり、上述した看板を出すことはできません。

リフレッシュで取得できる整体師の資格

当校では、整体コースを修得すると<整体師・カイロプラクター・リフレクソロジスト・アロマテラピスト>の資格を得られます。(カイロプラクターの資格は整体本科のみ)この他に通信のコースで<骨盤底筋セラピスト>の資格も得られます。

民間資格といえども、これらの資格は社会的認知も進み、市民権を得ていますので、充分お客様に安心してもらえる資格です。最近できた個人経営の小さなスクールや専門学校と思わせるようなスクールまで実に様々です。資格取得はどこでもできますが、内容と経営姿勢も重要かと思いますので十分に検討しましょう。

もっとも大切なのは、やはり学ぶ姿勢です。充分学ばず整体師になる人と、初めからある程度の費用と時間をかけて学んでいる人と、自分がお客様ならどちらの先生を指名するでしょうか?言わなくてもお客様には指を通して、必ず伝わるものです。

当校はいい加減には教えません。学費以上の知識と技術、ノウハウを提供したいと思います。

資格ガイド
パーソナルトレーナー
(NSCA-CPT)資格ガイド
パーソナルトレーニング /
パーソナルトレーナーとは?
パーソナルトレーナーの資格
(NSCA-CPT)とは?
パーソナルトレーナーの
求人事情と年収
パーソナルトレーナーとして
成長する上で大切なこと
真の実力を持ったパーソナル
トレーナーになるためには?
ピラティスインストラクター
(FTP)資格ガイド
ピラティスとピラティス
インストラクターとは?
ピラティスの種類と資格とは?
ピラティスインストラクターの
求人事情と年収
ピラティスインストラクター
として成長する上で大切なこと
真の実力を持ったピラティス
インストラクターになるためには?
整体師資格ガイド
整体師とは?
整体師の資格と種類について
整体師の求人と年収
整体師として成長する上で大切なこと
真の実力を持った整体師になるためには?
入学に関するお問合せ お問い合わせ受付時間: 10:30〜21:00 電話番号: 0120-802-369

スクール見学・資料ご希望の方

見学予約申込・資料請求

ページの先頭へ