ピラティスインストラクター(FTP)資格ガイド

ピラティスとは?(ヨガとの違い)

ピラティスとは、畳1枚分くらいのスペースのマットで主に行うエクササイズのことです。

マットが同じなので、よくヨガと同じと思われがちですが、ヨガよりもトレーナー色が強いエクササイズになります。海外でも、日本でも近年はピラティスでパーソナルトレーニングをする人が増えています。身体の硬さや年齢、体力的にできないエクササイズについては、自分でできるものを組み合わせたり、ボールやチュウブ等を使用して行います。誰にでもできるエクササイズにアレンジできますし、マット1枚分のスペースでできるので、どこでも手軽に行えるのが特徴と言えるでしょう。

特に、バレエ、ダンス、ジョギング、水泳、ゴルフをやる人には効果が高いようです。近年の人気の背景として、マスコミで、女性アナウンサー、女優、女性アスリート達が、ピラティスの素晴らしさをスピーチすることが多いということと、実際に数ヶ月レッスンすると目にみえて身体の締まりが分かるからではないかと思います。まるでシェイプアップの救世主に思えるからなのかも知れません。

本来は、リハビリに効果が高いエクササイズなので、美容よりメディカルチックなものですが、すっかり世間では女性の<セレブな、ハイソなお習い事>のイメージになっているのかも知れません。

ピラティスインストラクター/ピラティストレーナーになるには?

ピラティスのレッスンを受けるだけではなく、教える側のインストラクターの資格を取得したいという人が増えています。 楽しく、無理せずレッスンするだけでは、なかなか短期間に身体への効果は出にくいですし、深く、広く学ぶこともできません。

ゴールは、レッスンを受けながらもインストラクターの国際資格の取得とする方が有意義と思われるのではないでしょうか。当校のような資格取得の認定校で、規定のカリキュラムを修得しますと、ほぼ自動的に資格は取れます。認定料金や検定料金も学費に込みですし、安心してビギナーの人でも入ってこれます。

エクササイズをマスターし、尚且つ教えるようになるのはそう簡単ではありません。 ある程度マスターできるまで個人差がありますし、やってみないと苦手なところも分かりませんので、納得できるまで何度でもできる方が安心かと思います。

できているかどうかを正確にジャッジできるのは、プロのキャリアの先生だけです。先生に直接身体を触って貰い確認してもらわないと、出来ていないまま続けていくことになり、無意味となってしまいます。よくある短期講習やDVDや本のみでは限界があり、真にマスターはできないでしょう。

そのために、やはりしっかりとしたピラティスの専門養成コースを持つスクールで学ぶ、資格を取るということが第一歩でしょう。

資格ガイド
パーソナルトレーナー
(NSCA-CPT)資格ガイド
パーソナルトレーニング /
パーソナルトレーナーとは?
パーソナルトレーナーの資格
(NSCA-CPT)とは?
パーソナルトレーナーの
求人事情と年収
パーソナルトレーナーとして
成長する上で大切なこと
真の実力を持ったパーソナル
トレーナーになるためには?
ピラティスインストラクター
(FTP)資格ガイド
ピラティスとピラティス
インストラクターとは?
ピラティスの種類と資格とは?
ピラティスインストラクターの
求人事情と年収
ピラティスインストラクター
として成長する上で大切なこと
真の実力を持ったピラティス
インストラクターになるためには?
整体師資格ガイド
整体師とは?
整体師の資格と種類について
整体師の求人と年収
整体師として成長する上で大切なこと
真の実力を持った整体師になるためには?
入学に関するお問合せ お問い合わせ受付時間: 10:30〜21:00 電話番号: 0120-802-369

スクール見学・資料ご希望の方

見学予約申込・資料請求

ページの先頭へ