ピラティスインストラクター(FTP)資格ガイド

ピラティスインストラクター / ピラティストレーナーの求人状況や年収

セレブ等の有名人が、自身の美容や健康維持にピラティスを取り入れるなどの報道があったりと、一般の注目も高くなっています。今では一般のフィットネスジムのメニューとして追加されることも多く、ピラティスインストラクターの求人も増加傾向と言って良いでしょう。

フィットネスジム等の組織やスポーツ関連施設に就業してピラティスインストラクターとして仕事をされる人の他に、フリーでスポーツ関連施設や個人の方と直接契約して、お仕事をする人も多いです。
ピラティスインストラクターとして独立していく上では、まず自分が住んでいる市町村の公民館、区民会館等を借りて地元の方に啓蒙していき、個人的なレッスンに繋げたり、ご自宅や知り合いのところでレッスンしたり、他の種類の資格取得者と組んで共同でスタジオを開設したりというケースもあり、自由にお仕事の場を展開していくのも楽しみになります。

フィットネスジムやスポーツ関連施設へ就業した場合は、施設の給与に準じることになりますが、個人のフィットネスインストラクターとして独立後は、レッスン料も様々に設定できます。30分、40分、60分で、2000円〜7000円が相場でしょう。週何回かのレッスンを何人かと契約する形になり、多くのお客様を獲得することが収入・年収アップに繋がります。

ピラティスインストラクターとして実力をつけるために

ピラティスインストラクターは、あくまでも対人的な仕事で、身体の健康状態等、相手の状況に応じた提案が求められます。そうした意味で、ピラティスインストラクター資格とともに、パーソナルトレーナーのNSCA-CPT資格を取得することは大変有効でしょう。

NSCA-CPTは、パーソナルトレーナーの国際資格であり、相手・個人の様々な要望を叶えられるように、その人の体質、生活習慣、骨格、家庭、職場環境、性格等を鑑みて、ベストなトレーニング、食事、メンタル指導等を企画提案できる、トレーナーのスペシャリストのことを言います。

パーソナルトレーナーは、アスリートを相手にするというイメージが強いですが、実は一般の方の健康改善、リハビリなど、様々な分野で活躍できます。ピラティスは、女性はもちろんのこと、非常に幅広い年齢層に適用出来るエクササイズですので、パーソナルトレーナーの運動指導の一つとして、とても相性が良いと思われるのです。

資格ガイド
パーソナルトレーナー
(NSCA-CPT)資格ガイド
パーソナルトレーニング /
パーソナルトレーナーとは?
パーソナルトレーナーの資格
(NSCA-CPT)とは?
パーソナルトレーナーの
求人事情と年収
パーソナルトレーナーとして
成長する上で大切なこと
真の実力を持ったパーソナル
トレーナーになるためには?
ピラティスインストラクター
(FTP)資格ガイド
ピラティスとピラティス
インストラクターとは?
ピラティスの種類と資格とは?
ピラティスインストラクターの
求人事情と年収
ピラティスインストラクター
として成長する上で大切なこと
真の実力を持ったピラティス
インストラクターになるためには?
整体師資格ガイド
整体師とは?
整体師の資格と種類について
整体師の求人と年収
整体師として成長する上で大切なこと
真の実力を持った整体師になるためには?
入学に関するお問合せ お問い合わせ受付時間: 10:30〜21:00 電話番号: 0120-802-369

スクール見学・資料ご希望の方

見学予約申込・資料請求

ページの先頭へ